ジャズがスパーズ撃破で10連勝、25得点のドノバン・ミッチェルは「いつかショットは決まると思っていた」

ジャズがスパーズ撃破で10連勝、25得点のドノバン・ミッチェルは「いつかショットは決まると思っていた」

終盤のミッチェルの活躍で13点差をひっくり返す

2月12日(日本時間13日)にビビント・スマートホーム・アリーナで行なわれたサンアントニオ・スパーズ対ユタ・ジャズは、ドノバン・ミッチェルが25得点、7リバウンドを記録し、ジャズが101-99で競り勝った。

NBAリーグパスで2017-18シーズンをチェック!

第2クォーターに20-4と突き放し、一時は54-42と12点のリードを手にしたジャズだが、前半のうちに反撃を許すと、第3Qに逆転され、第4Q残り9分29秒に70-83と逆に13点差をつけられた。

だが、ジョー・イングルズとミッチェルの連続3ポイントショットなど、ジャズは残り4分53秒で87-87と同点に追いつく。すると、終盤にミッチェルが活躍。最後は残り39.2秒にミッチェルが決勝点となるジャンプショットを決め、さらにその後フリースローを沈めて、ジャズを10連勝に導いた。

2カ月以上ぶりに勝率5割を上回ったジャズ(29勝28敗)は、イングルズが20得点、7リバウンド、5アシスト、デリック・フェイバーズが19得点、8リバウンド、4ブロック、ルディ・ゴベアが10得点、12リバウンド、を記録。

フィールドゴールこそ28本中9本成功だったものの、残り2分54秒からジャズの9得点のうち8得点をあげたミッチェルは、「ミスを気にしていてはいけない。それが大事なんだ」と述べた。

「集中を保ち、ショットはいつか決まるようになると思っていた。幸いにもそうなったね」。

今季のジャズ戦で3敗目のスパーズ(35勝23敗)は、カイル・アンダーソンが16得点、パウ・ガソルが15得点、15リバウンドを記録。


ガソルは「後半の大半で僕らはリードしていた」と逆転負けを悔やんだ。

「フィニッシュすることができなかった。攻撃で何度か悪いポゼッションがあり、そこから彼らのチャンスにつながってしまった」。

トニー・パーカーも「僕らは勝つための道を見出さなければいけない」と、チームに呼びかけた。

「13点リードしていたんだ。良いチャンスを手にしていた。でも、最後にショットを決められなかったんだ」。

ボックススコア


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top